断熱気密


住宅性能のグレードアップ断熱気密工事は専門家にお任せください。

実践から得た経験を生かし、新築・リフォームの様々なケースに対応します。


床断熱・気密工事

1.大引き下に断熱受け材施工(建築か弊社)

2.透湿防水防風 床下の気流が上がらないように施工

3.大引き間に高性能グラスウール充填施工

4.根太組後(建築)高性能グラスウール充填施工

5.気密シート貼り

6.柱・間柱・設備配管等気密処理

マット状のグラスウールの他に吹込みグラスウール施工(BIB工法)

セルローズファイバー吹込み

壁断熱・気密工事

1.外壁透湿防水シート貼り

窓回りの防水処理は入念に行います。

より高性能・高耐久の『ソリテックス』シートを施工

2.高性能グラスウール(マット状)充填施工 筋交や下地、金物等の出っ張り分は削いで施工

グラスウールの長所のひとつは、少々大きめに充填し、木部が痩せても追従することです。

横胴縁を埋め込む場合は、胴縁欠き後、断熱材を充填します。

断熱充填後胴縁を取付、当然断熱材は潰れて隙間が出ます。

横胴縁にカッターで切り込みをし、断熱材を手前に出します。

3.防湿気密シートをたるみなく貼っていきます。専用気密テープで重ね部をテーピング。

ポリエチレンシートに代わって、可変調湿気密シート『インテロ』の施工が増えてきました。

コンセント・換気口などの気密処理。

気密テープに代わって、専用ガスケットで気密施工

高性能グラスウール吹込み(BIB工法)専用ネットを張った後施工。

セルローズファイバー吹込み セルローズ用の専用ネットを張った後施工。

「WUFI」を使ってシミュレーション。繊維系断熱材は、室内側に防湿気密シートを貼らないと、壁内に結露と含水が大量に発生

「WUFI」を使ってシミュレーション

室外気候を松本市、室内気候を国土交通省条件で、壁にセルローズファイバー70kg/m3とグラスウール21kg/m3を120mm充填とし、防湿気密シート(ポリエチレンシート)の有る無しで、熱湿気シミュレーションをしてみました。どちらも、結露と多くの含水がみられます。寒冷地での繊維系断熱材は必ず、室内側の防湿気密シートが重要です。

貫通部、コンセント気密処理

壁貫通スリーブ&コンセント気密

壁貫通スリーブ&コンセント気密

給気ロスリーブ気密

給気ロスリーブ気密

貫通スリーブ気密工事

貫通スリーブ気密工事

貫通部、コンセント気密処理


各種気密補助部材

各種気密補助部材

換気配管、給排水配管等の貫通部やコンセントの気密工事は、重要なところです。気密テープや補助部材を使って、しっかりと処理をしていきます。

浴室床下基礎断熱

浴槽基礎内断熱 基本納まり

浴槽基礎内断熱 基本納まり

浴室基礎立上がり配管気密処理

浴室基礎立上がり配管気密処理

浴室人通口

浴室人通口

浴室人通行気密アップ

浴室人通行気密アップ

床全体を断熱気密工事をする場合、浴室(特にユニットバス)の床の断熱気密は、押出しポリスチレンフォームで基礎を包むように施工します。

基礎グラスウール断熱工事

超撥水グラスウール32K100mm施工

超撥水グラスウール32K100mm施工

専用ベルトをコンクリートアンカーで止め、 グラスウールを固定します。

専用ベルトをコンクリートアンカーで止め、グラスウールを固定します。

専用ラス網を取付けます。

専用ラス網を取付けます。

専用ラス網を取付けます。


透明シートを施工します。

透明シートを施工します。

透水パイプを溝下部に砕石を少し入れた上に配管します。
透水パイプを溝下部に砕石を少し入れた上に配管します。
砕石を透水パイプ全体に入れていきます。

砕石を透水パイプ全体に入れていきます。

砕石を透水シートで包みます。

砕石を透水シートで包みます。

土砂の埋戻しです。

土砂の埋戻しです。

モルタル左官仕上げ

モルタル左官仕上げ

モルタル左官仕上げ


モルタル左官仕上げ


シロアリの被害は、日本全国で数多く報告されています。グラスウールは無機質の断熱材のため、シロアリの食害をうけません。基礎断熱は、外断熱が効果があります。排水処理をしっかりと行えば、断熱材への浸水は防げます。発砲系断熱材のような、熱による面膨張がなくモルタル仕上げにクラックが入りずらいのも特徴です。また、透湿性があり、床下内の湿気除去にも効果的です。

外壁付加断熱工事

柱・間柱にKMブランケット取付け

柱・間柱にKMブランケット取付け

外壁付加断熱工事


横455mm×縦600mmピッチ

横455mm×縦600mmピッチ

高性能グラスウール16K100mm施工

高性能グラスウール16K100mm施工

外壁付加断熱工事


全ての面がグラスウールで隙間なくつながりました。

全ての面がグラスウールで隙間なくつながりました。

透湿防水シート・タイベック施工

透湿防水シート・タイベック施工

外壁付加断熱工事


防水処理を入念に行います。

防水処理を入念に行います。

外壁充填断熱高性能グラスウール16k120mmの外側に付加断熱として、KMブラケットを使用し高性能グラスウール16K100mmを隙間なく施工。柱・間柱等の熱橋を抑えます。

ブローイング天井吹込み断熱工事

天井下より気密シートを貼ります。 ポリエチレンシート

天井下より気密シートを貼ります。
ポリエチレンシート

可変調湿気気密シート インテロのケース

可変調湿気気密シート
インテロのケース

既存リフォームの場合天井上より、できるかぎりの防湿目的でシートを貼る。

既存リフォームの場合天井上より、できるかぎりの防湿目的でシートを貼る。

粉砕したグラスウールを吹込み。

粉砕したグラスウールを吹込み。

隙間なく吹き込んでいきます。

隙間なく吹き込んでいきます。

セルローズファイバーの吹込みもあります。

セルローズファイバーの吹込みもあります。

厚み210mm指定、沈下も考慮し250mm吹込み完了。

厚み210mm指定、沈下も考慮し250mm吹込み完了。

厚み 400mm

厚み 400mm

セルローズファイバー

セルローズファイバー